選手育成プラン

選手育成プラン

はじめに サッカーと言うスポーツはその目的によって2種類に分けることができます。1つは参加主体(レクリエーション)型、もう1つはパフォーマンス主体(プロフェッショナル)型と言われます。そしてBSSアカデミーチームはこのうちのパフォーマンス主体型におけるチーム活動を展開しています。 このパフォーマンス主体型において基本的なトレーニング原則として、1つのピッチ上でプレーする選手が少なければ少ないほど1選手あたりのボールタッチ数が増えるためより成長が促される、とされています。よってBSSではミニサッカーやゲーム形式の少人数制トレーニング(Small Sided Game)をできるだけ多く組み込めるよう努めています。 子供たちは成長のスピードや成長の仕方、サッカーに対する意識などがそれぞれ違っています。故に個々の能力や意思を尊重する事がとても大切です。


バンコクサッカースクールでは選手育成プランを充実させるため:

選手育成プラン